饒舌な詭弁

この世の限りなく底辺に近い層を這っているライターが全力で暇を潰すためのブログ

これが国際交流だ!グローバル化に乗り遅れるな!!

いやー乗り遅れてる。

もうね、山手線半周ぐらい乗り遅れてる。

グローバル化の波ってやつに。

だいぶ乗り遅れてるなって感じちゃったわけですよ。

おっかしいなぁ。順当に乗れてれば今頃、銀座を英字新聞とコーヒー片手に闊歩してたのに。

てか、あの人達って片手にコーヒー持ってどうやって英字新聞をめくるつもりなんだろうね。

それが分からないから、いまだにニューヨーカーになれてないんだな。俺って。

 

まぁ、俺もそれは自覚済みなわけですよ。

でもそれに追い打ちをかけるようなことがあったわけで。

ちょっとみんなに聞いて欲しいと思ったわけ。

この話はさ。

3日ほど前にさかのぼる。

何があったが端的に言おう。

 

西武新宿駅近くでフランス人らしき人が女性を持ち上げてたんだよね。

 

何言ってるか分からないと思うけど目撃した俺が一番わかってないから安心して欲しい。

いやね。この持ち上げ方がお姫様抱っことかだったらまだわかる。

ああ、ついにこの光景が日本でも見られるようになったんだなって。

でもさ、違うんだよ。

その外人さん女性の脇と腰に手を当てて重量挙げの要領で持ち上げてるのよ。

ああ、これがグローバル化の波かーって思ったよね。

いやぁ、いきなりずいぶん大きな波が来たな…。

欲を言えば、最初は小波ぐらいでこっちも準備しときたかったよね。

電車の中でEDMに合わせて踊り出すとかね?

いきなり、大きいんだよなぁ。波が大きすぎる。

こっちも対処ができない。

たしかに、海外では女性を重量挙げの要領で持ち上げるのはもはや挨拶なのかもしれない。

だから、これは別に批判というわけではないんだ。

 

でも、もうさ。波が大きすぎて。

いや人間って、あんな大きな波を目の前にしちゃうとフリーズしちゃうよね。

それから思考したよね。なんで、こんなことになったんだろって。

あれ、俺って確かゴールデン街からほろ酔いで帰路についてて、

明日の朝、何を食べようかなって考えてて、

外人さんが女性を持ち上げてる現場を目撃してると。

 

いやぁもう、だいぶ長いこと考えた。考えまくった。

考える人並みに考えたわ。

たぶん、死後の世界に行ったら考える人と対等に話せる。

 

「お!考える人じゃん。あんときお前何考えてたの??」

「いやあれ考えてたんじゃなくって地獄に落ちる罪人を見てたんだよね。

それを後世の人が考える人って名付けちゃってさー」

「まじかよ。それめっちゃハズイやつじゃん」

「もう今更言えないもん。何も考えてなかったってさ。

んで、お前は何考えてたん」

「いや、外人さんがなんで西武新宿線前で女の人を持ち上げてるんだろーって」

「やべーな。それ俺より考えてるじゃん。新・考える人じゃん」

ってなる。

もう、新しい考える人に就任しちゃう。

 

まぁ結果から言えば考えなければよかった。

考えるにしてもその場で立ち止まったのはまずかった。

その外人さんもさ。グローバル化の波にのまれて唖然としてる後輩に正しい異文化を教えてやろうとはりきったんだろうね。

「ふんッ」つって女の人を持ち上げなおした。

もうね。重量挙げで金メダルとるぐらいの勢いで上げなおしてる。

いや、女の人もさ。長いこと持ち上げられてるから若干ピクピクしてる。

笑顔が引きつってきてる。

 

え、なにこのイベント。

どうすれば終わるの?マジ終了条件が見つからないんだけど。

外人さんとめっさ目が合ってるし。

なんか、めっちゃいい笑顔で笑いかけてきてるし。

ノーノ―違う違う。そういう意味じゃない。

もうただでさえ、グローバル化に取り残されてる俺ですよ?

そんな高い波で迫ってこられても。

もう俺の中の江戸幕府がペリー来航並みの大慌てしてる。

出島が悲鳴を上げてる。

 

でもさ、負けてられないじゃん?

侍魂って言うの?大和魂って言うの?

俺の中の攘夷志士たちが叫びをあげたよね。

松陰先生!!俺やります!

取りあえず、首にかかったカメラで写真を撮ったよね。

外人さんもなぜか乗り気になって、シャッターのたびに女の子を持ち上げなおす。

お前、何枚金メダルとる気なんだよってね。

ちょっとは上の女の子気にしてあげて?

陸に打ちあがった深海魚みたいな動きしてるから。

てか、その動きする人間なかなか現実で見ないけど大丈夫??

10枚ほど写真をとったら外人さんも満足したのか女性を下ろした。

ああ、この写真どうしよ…レタッチしてスポーツ報知にでも送っとく?

夜の新宿で金メダルてか?

 

この日は、本当に疲れたよね。

グローバル化の波にもまれすぎた。

とりま、第二波がいつ襲ってきてもいいように、女性を持ち上げられるだけの筋肉つけます…。

筋トレして寝よ。